ミヤマアキノキリンソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマアキノキリンソウ
Solidago virgaurea var. leiocarpa 07.jpg
北アルプス白馬岳(2010年8月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: アキノキリンソウ属 Solidago
: アキノキリンソウ S. virgaurea
変種 : ミヤマアキノキリンソウ var. leiocarpa
学名
Solidago virgaurea var. leiocarpa
和名
ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草、学名:Solidago virgaurea var. leiocarpa)は、キク科アキノキリンソウ属多年草高山植物

概要[編集]

高さは15~30 cmで、黄色の直径1.2~1.5 cmの花を咲かせる。花期は8〜9月。東北アジア及び日本の北海道本州中部以北の亜高山帯高山帯の草地、砂礫地に生育する。別名コガネギクアキノキリンソウの高山型。アキノキリンソウの花が比較的まばらにつくのに対し、本亜種は頂部に固まってつく傾向にある。総苞片は、アキノキリンソウが四列であるが、本亜種は三列。中間型もあり、厳密な区別は難しい。和名の由来は、黄花をベンケイソウ科キリンソウ属キリンソウに見立て秋に開花することによる[1]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『増補新版 カラー高山植物』 山と溪谷社、1996年9月、pp.50-51。ISBN 4808305739

参考文献[編集]

 関連項目 [編集]

蜜を吸うクジャクチョウ・高山帯の御嶽山にて