マルセル・ヴィテチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルセル・ヴィテチェク Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Marcel Witeczek
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1968年10月18日(46歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランドティヒ
身長 178cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MFFW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1991
1991-1993
1993-1997
1997-2003
2003-2005
2006-2007
バイエル・ユルディンゲン
カイザースラウテルン
バイエルン・ミュンヘン
ボルシアMG
SGヴァッテンシャイト
FCアルブシュタット
142 (22)
68 (15)
97 0(9)
167 (13)
? 0(?)
? 0(?)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセル・ヴィテチェク(Marcel Witeczek, 1968年10月18日 - )は、ポーランド出身でドイツ国籍の元サッカー選手。ポジションはMFFW

経歴[編集]

代表レベルではU-16西ドイツ代表として1985年の1985 FIFA U-16世界選手権に出場し準優勝とゴールデンシューズ賞(得点王)を獲得。U-20西ドイツ代表として1987年の1987 FIFAワールドユース選手権に出場し準優勝に貢献するなど、ユース時代から将来を嘱望された選手であった。

クラブではバイエル・ユルディンゲンで選手キャリアをスタートさせると1991年に1.FCカイザースラウテルンへ移籍、2年後には バイエルン・ミュンヘンへ移籍。バイエルンでは2度のリーグタイトルと1度のUEFAカップ制覇を経験するなど、最も成功した時期を過ごした。1997年には古豪のボルシア・メンヒェングラッドバッハへ移籍。2シーズン目の1998-1999シーズンに2部降格を経験するが、クラブに残留し1部昇格に貢献した。

2003年にはSGヴァッテンシャイト、2006年からは5部リーグのFCアルブシュタットでプレーを続け、2007年に現役を引退した。

個人タイトル[編集]

外部リンク[編集]