マルグリット・アデライード・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルグリット・アデライード

マルグリット・アデライード・マリー・ドルレアンフランス語:Marguerite Adélaïde Marie d'Orléans;ポーランド語:Małgorzata Adelajda Maria Orleańska、1846年2月16日 - 1893年10月25日)は、7月王政期のフランスの王族。フランス王ルイ・フィリップの次男であるヌムール公ルイと、その妻ヴィクトリア・フォン・ザクセン=コーブルク=コハーリとの間に生れた。

1872年1月15日、シャンティイで亡命中のポーランド人大貴族ヴワディスワフ・チャルトリスキ公と結婚した。ヴワディスワフはアダム・イェジ・チャルトリスキ公の次男である。夫妻はアダム・ルドヴィク(1872年 - 1937年)、ヴィトルト・カジミェシュ(1876年 - 1911年)の2人の息子をもうけた。