マルキア・フルニッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Promptuarii Iconum Insigniorum "より

マルキア・フルニッラ(Marcia Furnilla, 生没年不詳)は、1世紀ローマ帝国の女性。後にローマ皇帝となるティトゥスの2番目で最後の妻。

家族[編集]

家柄は良く、生家はローマ王であったアンクス・マルキウスの子孫に当たるマルキウス氏族のパトリキ(貴族)であった。父親のクィントゥス・マルキウス・パレア・スラは、フルニッラの義父となるウェスパシアヌスの友人であった。彼女のコグノーメンの「フルニッラ」は、おそらく母方の家系から取られたものである。トラヤヌス帝の母であるマルキアは姉妹と考えられている。

父方のおじのクィントゥス・マルキウス・パレア・ソラヌス (Barea Soranus) は元老院議員であり、従姉妹にソラヌスの娘のマルキア・セルウィリア・ソラナ (Servilia) がいた。

父方の祖父であるクィントゥス・マルキウス・パレアは26年の補充執政官で、プロコンスルとしてアフリカ属州に2度赴任している。祖父はアフリカ属州で有力な人物であり、アフリカでの拠点としていたレプティス・マグナにおいて「Dei Augusti」または「8月の神」に寺院を献じている。

生涯[編集]

マルキア・フルニッラはローマで生まれ育ったと考えられている。63年に、最初の妻と死別したティトゥスと結婚する。おそらくは父親たちがこの結婚を取り決めた。この結婚はティティスの後ろ盾となり、彼の政治的キャリアを後押しした。スエトニウスはフルニッラを「とてもよいコネがある」女性と述べている。64年9月17日、ユリア・フラウィアを出産。彼女が唯一の子供となる。なおユリアの母親はフルニッラではなく、ティトゥスの前妻アレキナ・テルトゥラとする説もある。

ティティスの最初の結婚と同じように、この結婚も長くは続かなかった。フルニッラの生家はネロ帝の抵抗勢力と繋がりがあったために65年のピソの陰謀 (en) の失敗以降はネロ帝に冷遇されていた。ティトゥスは陰謀の嫌疑がかかる人々との関係を避けてフルニッラと離婚し、娘のユリアを引き取っている。これ以降のフルニッラの生涯は伝わっていない。

系図[編集]

 
 
 
 
Q・マルキウス・
パレア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
T・フラウィウス・
サビヌス1世 (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パレア・ソラヌス (en)
 
パレア・スラ
 
 
 
 
 
 
ウェスパシアヌス
(在位69年-79年)
 
サビヌス2世 (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セルウィリア・ソラナ (en)
 
 
 
 
アレキナ・テルトゥラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス3世 (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティトゥス
(79年-81年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
M・ウルピウス・
トラヤヌス (en)
 
マルキア (en)
 
マルキア・フルニッラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドミティアヌス
(81年-96年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トラヤヌス
(98年-117年)
 
 
 
 
 
 
ユリア・フラウィア
 
 
 
 
 
 
サビヌス4世 (en)
 
 
 
 
 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]