マリー1世 (オーヴェルニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリー1世Marie Ire d'Auvergne, 1376年 - 1437年8月7日)は、フランスの貴族女性。オーヴェルニュ家出身としては最後のオーヴェルニュ女伯およびブローニュ女伯(1424年 - 1437年)。ブローニュ女伯としては「マリー2世(Marie II de Boulogne)」と数えられる。

オーヴェルニュ伯ロベール7世の四男であるモンガスコン英語版領主ゴドフロワ(1385年没)と、その2番目の妻ジャンヌ・ド・ヴァンタドゥール(Jeanne de Ventadour)の間の一人娘として生まれた。母はマリーの誕生直後に死去し、父は3番目の妻を迎えてさらに娘を2人もうけるが、男子を授からなかった。このためマリーがモンガスコンの女領主となった。1389年1月11日にラ・トゥール領主ベルトラン4世フランス語版(1423年没)と結婚し、間に1男3女の計4人の子女をもうけた[1]

  • ベルトラン5世フランス語版(1461年没) - オーヴェルニュ伯
  • ジャンヌ(1426年以前) - 1409年、オーヴェルニュのドーファン・ベロー3世フランス語版と結婚
  • イザベル(生没年不明) - 1419年、ポリニャック子爵ルイ・アルマン・ド・シャランコンと結婚
  • ルイーズ(1472年没) - 1433年、クーシュ領主クロード・ド・モンタギュー(カペー=ブルゴーニュ家の末裔)と結婚

1424年、同族の従姪にあたるオーヴェルニュ女伯ジャンヌ2世が子供のないまま死ぬと、オーヴェルニュとブローニュの相続を認められた。1437年に死去すると2つの伯爵領は息子のベルトラン5世が相続した。マリーの子孫は家系の絶えたオーヴェルニュ家の正統な相続人であることを示すため、ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家の複合姓を名乗った。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2005年1月4日). “Bertrand IV, sn de La Tour(de La Tour2)”. genealogy.euweb.. 2012年10月20日閲覧。
先代:
ジャンヌ2世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1424年 - 1437年
次代:
ベルトラン5世