ジャンヌ2世 (オーヴェルニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンヌ・ド・ブローニュ、ハンス・ホルバインによるジャンヌの彫像の素描、1523年/1524年

ジャンヌ2世Jeanne II d'Auvergne, 1378年 - 1424年)は、フランスオーヴェルニュ女伯およびブローニュ女伯(1404年 - 1424年)。フランス王シャルル5世の弟ベリー公ジャン1世の後妻となった。ジャンヌ・ド・ブローニュJeanne de Boulogne)の呼び名で知られた。

オーヴェルニュ伯ジャン2世とその妻アリエノール・ド・コマンジュの間に一人娘として生まれた。母はラテン帝国皇帝ピエール2世・ド・クルトネーの末裔である。1389年6月5日にリオンにおいて、38歳年上のベリー公ジャン1世と結婚した[1]。ジャンはオーヴェルニュ公領ドイツ語版を分封領として所有しており、またジャンヌとも姻戚関係にあった。ジャンの父ジャン2世王の後妻が、ジャンヌの同族の従叔母であるオーヴェルニュ女伯ジャンヌ1世だったためである。

1393年1月28日、当時まだ15歳のベリー公爵夫人ジャンヌは、燃える人の舞踏会英語版で起きた火災事故において、夫の甥にあたるシャルル6世王の命を救ったことで知られる[2]。この仮装舞踏会は王妃イザボー・ド・バヴィエールが主宰したもので、シャルル6世は5人の貴族とともに森の野蛮人英語版に扮して登場した。シャルル王がジャンヌのところへ挨拶に来た直後、王弟のオルレアン公ルイが誤って野蛮人に扮した人々の燃えやすい衣装に火をつけてしまった。ジャンヌはとっさにシャルル王を自分のスカートでくるみ、王に火が燃え移るのを防いだ。この事故で4人が焼死し、王は命は助かったものの、精神的ショックから持病の精神疾患を急速に悪化させた。

1404年、父の死に伴いオーヴェルニュとブローニュの伯領を相続した。1416年にベリー公と死別し、まもなくギーヌ伯ジョルジュ・ド・ラ・トレモイユと再婚した。どちらの夫との間にも子供をもうけることが出来ず、1424年に死去した。家領は同族の従妹でラ・トゥール領主夫人のマリー1世に引き継がれた。

脚注[編集]

  1. ^ Encyclopædia Britannica, Vol.3, (1911), 809.
  2. ^ Echols, 254.

参考文献[編集]

  • Echols, Anne and Marty Williams, An Annotated Index of Medieval Women, Markus Weiner Publishing Inc., 1992.
  • The Encyclopædia Britannica, Vol.3, Ed. Hugh Chisholm, 1911.
先代:
ジャン2世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1404年 - 1424年
次代:
マリー1世