ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・トゥール家の紋章
ラ・トゥール家にテュレンヌ子爵領をもたらしたロジェ・ド・ボーフォール家の系譜

ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家Maison de La Tour d'Auvergne)は、フランスの上級貴族の家系。テュレンヌ大元帥を出した一門として知られる。テュレンヌ子爵領ドイツ語版オーヴェルニュ伯爵領ドイツ語版およびブローニュ伯爵領英語版、後にはブイヨン公爵領英語版およびスダン公領を獲得した。ブイヨンとスダンの両公国は独仏国境にある独立国家であり、同家は独立君主の地位を根拠として、フランス貴族(王族を除く)の序列の最高位にあたるプランス・エトランジェ(他国の諸侯)英語版の身分を与えられた。

歴史[編集]

ラ・トゥール家はオーヴェルニュ地方のラ・トゥール英語版(現ピュイ=ド=ドーム県)の所領を営む領主だった。ラ・トゥール領主ベルトラン1世が、1206年に史料に初めて登場する。その曾孫ベルトラン2世(1296年没)は1275年にオリエルグ英語版の領主の跡取り娘と結婚し、これを機にラ・トゥール家は2つの系統に分裂する。ベルトラン2世夫婦の長子の家系(兄脈)が父方のラ・トゥールを相続し、次子の家系(弟脈)が母方のオリエルグを受け継いだ。

兄脈は、ベルトラン4世フランス語版が1389年にオーヴェルニュ伯家の娘マリーと結婚したことが機縁となり、1437年にオーヴェルニュ伯領およびブローニュ伯領を獲得した。この系統は1524年、女伯アンヌの死去により断絶した。2つの伯領はアンヌの姪にあたるカトリーヌ・ド・メディシスに相続された。

弟脈は兄脈以上の出世を果たした。アニュ4世(1489年没)は1444年、富裕な女子相続人アンヌ・ド・ボーフォールとの結婚によりボーフォール英語版伯爵領およびテュレンヌ子爵領を獲得した。アンヌの実家ロジェ・ド・ボーフォール家は2人の教皇クレメンス6世およびグレゴリウス11世を出した名門だった。

アニュ4世の玄孫アンリは、1591年にブイヨン女公およびスダン女公シャルロットフランス語版と結婚し、1594年に妻が死ぬと2つの公領を継承した。アンリはオラニエ公ウィレム1世(沈黙公)の娘エリザベートと再婚して後継ぎを儲け、新しいブイヨン公爵家を創始した。アンリの同名の次男はテュレンヌ大元帥となった。この家系は1802年に断絶し、ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家の正嫡は絶えた。

参考文献[編集]

  • Detlev Schwennicke: Europäische Stammtafeln Band X (1986) Tafel 94ff

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家に関するメディアがあります。