マリー=ルイーズ・オミュルフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・ブーシェの描いたオミュルフィ

マリー=ルイーズ・オミュルフィMarie-Louise O'Murphy, 1737年10月21日? - 1814年12月11日)はフランスルイ15世の愛人の1人。フランスルーアンで生まれたアイルランド人兵士の娘といわれている。

父の死後、母親は家族を連れてパリに出たが、オミュルフィはヌード画のマネキンとして働いていた。1752年、フランソワ・ブーシェが描いた裸体画が評判になると、オミュルフィはルイ15世の公妾ポンパドゥール夫人が開設したという娼館鹿の園に招かれ、ルイ15世に性的奉仕を行ったという。

ルイ15世との間に夭逝の女子と一人の男子をもうけたが、男子は将校に取り立てられ、後にベリュイゥイ将軍を名乗ったという。鹿の園での性的奉仕は原則として短期間とされたため、彼女自身は鹿の園を出て良縁を紹介され、年金支給を受けて余生を送ったが、フランス革命期間中は投獄されたこともあったと伝えられている。