マハーヴラタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マハーヴラタ(サンスクリット語: mahāvrata、大いなる誓い)とはジャイナ教の出家者が順守すべき五つの戒律で、五大誓戒という訳語があてられる[1]。その内訳は以下:

  1. アヒンサー (非暴力)
  2. サティア (非妄語)
  3. アステヤ (非与取)
  4. ブラフマーチャーリャ (非淫)
  5. アパリグラハ (非所有/無執着)

以上のような、『アーチャーランガ』などの古代の文献に記されたジャイナ教の出家者のための戒律は非常に厳格で、マハーヴィーラの教えが今日まで受け継がれている。

出家者は独身で、財産を持たず、ひとところに居住し続けることもない。そのため彼らは放浪する必要があるが、(「チャートゥルマーサ」と呼ばれる)四か月間の雨季には放浪しない。当然結婚して財産を有している在俗信者に対しては、アヌヴラタと呼ばれる五つの戒律が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺研二『ジャイナ教 非所有・非暴力・非殺生-その教義と実生活』論創社、2005年12月25日、ISBN:4-8460-0313-2、p220

外部リンク[編集]