マヌエル・ソリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マヌエル・ソリス・パルマManuel Solís Palma1917年12月3日 - 2009年11月6日)は、パナマロス・サントス県出身の政治家。民主革命党に所属していた。

1988年2月、エリク・アルトゥーロ・デルバイエ大統領がパナマ軍最高司令官のマヌエル・ノリエガを解任した。これに反発した議会は国会にてデルバイエ大統領を罷免し、当時の教育相であったマヌエル・ソリスを大統領代行に任命した[1]。代行を1988年2月26日から1989年9月1日まで務めたのちフランシスコ・ロドリゲスに大統領の座を譲った。

2009年11月6日パナマ市にて肺水腫により死亡。91歳だった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b “マヌエル・ソリス氏死去 元パナマ大統領代行”. 河北新報. (2009年11月7日). http://www.kahoku.co.jp/news/2009/11/2009110701000244.htm 2009年11月7日閲覧。 
先代:
エリク・アルトゥーロ・デルバイエ
パナマ共和国大統領
1988年2月26日 - 1989年9月1日
次代:
フランシスコ・ロドリゲス