マヌエル・アルバレス・ブラボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マヌエル・アルバレス・ブラボManuel Álvarez Bravo, 1902年2月4日 - 2002年10月19日)は、戦間期から第二次世界大戦後にかけて活躍した、メキシコの最も優れた写真家の1人。マヌエルが名でアルバレス・ブラボ[1]が姓である。

メキシコ革命(1910年から1920年)の激動の中で少年時代をすごす。1920年代には、来墨したエドワード・ウェストンティナ・モドッティとも接点があり、彼らの影響も受けて、写真を始めた。

彼の作品は、メキシコをまたはメキシコで撮影した作品であり、ドキュメンタリー写真人物写真および風景写真が中心である。

代表作[編集]

  • Optical Parable (Parábola óptica), 1931年([1]
  • The Daughter of the Dancers (La hija de los danzantes), 1933年([2]
  • The Good Reputation Sleeping (La buena fama durmiendo), 1939年([3]

参考文献[編集]

  • バンヴィル他著、杉山悦子訳 『マヌエル・アルバレス・ブラボ写真集 メキシコの幻想と光』 岩波書店 2011年5月 ISBN 978-4-00-008085-9

上記のほか日本語の文献は乏しいが、以下の展覧会で取り上げられ、展覧会カタログに作家略歴と図版1点が掲載されている。

  • 芸術としての写真 その誕生から今日まで ―シカゴ美術館のコレクションから― 1984年10月6日‐12月4日(国立国際美術館にて開催)

脚注[編集]

  1. ^ アクセントは後ろから二番目の音節、つまり第一音節のBraにあるので、ブラーボのように発音される

外部サイト[編集]

関連項目[編集]