ティナ・モドッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティナ・モドッティTina Modotti; 1896年8月16日 - 1942年1月5日)は、戦間期アメリカ合衆国で活躍した、女性写真家

概要[編集]

イタリアに生まれるが、1910年頃にはアメリカに移住。女優として働きながら、1920年代には、エドワード・ウェストンと共同で、メキシコで写真制作を行う。

その作品は、ストレートフォトグラフィを基調としており、ポートレイトや、労働者を撮影した社会性または政治的主張の強いドキュメンタリー作品が多い。

戦間期のメキシコやスペインなどで、政治活動にも深く携わったその一生は、激動の一生といってもいい。エドワード・ウェストンやメキシコの画家ディエゴ・リベラとは愛人関係であった。

参考文献[編集]

伝記として、以下の書籍がある。

  • 「ティナ・モドッティ そのあえかなる生涯」 ミルドレッド・コンスタンチン著 グループ・LAF訳 現代企画室 1985年

英語では、何点か刊行されている。例えば、次の本がある。

  • Tina Modotti: Photographs/Sarah M. Lowe/Philadelphia Museum of Art/ISBN 0876330952/1995年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]