マニンドラ・アグラワル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニンドラ・アグラワルManindra Agrawal1966年5月20日カーンプル - )は、インド工科大学カーンプル校の計算機科学工学、Dean of Faculty Affairsの教授。

自らの生徒であったニラジュ・カヤルナイティン・サクセナとともに素数問題の計算量について研究し、AKS素数判定法を構成し、それを用いて素数問題がPに属することを示した。

その業績を評価され2002年にクレイ研究賞、2006年にゲーデル賞を受賞。