マドゥラ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マドゥラ族(Madurese)はインドネシア諸族のうち、ジャワ族スンダ族に告ぐ最大級の人口規模を誇るアウストロネシア語族インドネシア語派に属するマドゥラ語を使用する民族である。ただし、大多数の人がインドネシア語とのバイリンガルである。ジャワ島北東のマドゥラ島を礎としてジャワ島のスラバヤマランなどに約1000万人から1500万人が居住している。

特徴[編集]

乾燥したマドゥラ島の大地から効率よく作物生産を行うため、陸稲トウモロコシタバコなどを生産するほか、牧畜産漁業鍛冶生産なども行う。 熱狂的なイスラム教徒であり、また、ジャワ島と隣接しているため、そこに居住する諸族との対立心が強く、独自のアイデンティティを強く保持している。性格上、インドネシアにおける戦闘民族の位置付けを得ていた時代もあり、ジャワの諸王やオランダ植民地時代はマドゥラ族による軍徴用が重宝された。