マスウード (イラク・セルジューク朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マスウード(? - 1152年)は、イラク・セルジューク朝の第4代スルタン(在位:1134年 - 1152年)。

生涯[編集]

父はセルジューク朝の第7代スルタンであるムハンマド・タパル1131年に兄のマフムード2世が死去すると叔父のアフマド・サンジャルが介入してトゥグリル2世が即位したが、マスウードはこの即位に反対してアフマドと争うも、ダイナワル英語版付近の戦いで大敗した。だがトゥグリル2世が1年余で早世したため、アフマドの命令で即位した。

しかしアッバース朝カリフが権勢回復のために策動するなどイラクの治世は混乱した。1152年にマスウードが死去すると息子のマリク・シャー3世ムハンマド2世、弟のスライマーン・シャーらが後継をめぐって争い、カリフもバグダードからイラク・セルジューク朝の影響力を排除するためにスルタンの宮殿や領地を没収するなどしたため、王朝は急速に衰退する。

参考文献[編集]

先代:
トゥグリル2世
イラク・セルジューク朝
1134年 - 1152年
次代:
マリク・シャー3世