マクシミリアン・オイゲン・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクシミリアン・オイゲン大公

マクシミリアン・オイゲン・フォン・エスターライヒMaximilian Eugen von Österreich, 1895年4月13日 ウィーン - 1952年1月19日 ニース)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)の帝室の一員。最後のオーストリア皇帝カール1世の弟。全名はマクシミリアン・オイゲン・ルートヴィヒ・フリードリヒ・フィリップ・イグナティウス・ヨーゼフ・マリア(Maximilian Eugen Ludwig Friedrich Philipp Ignatius Joseph Maria von Österreich)。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の甥にあたるオットー大公と、その妻でザクセン王ゲオルクの娘であるマリア・ヨーゼファ大公妃の間の次男として生まれた。1917年11月29日、マクシミリアン・オイゲンはウィーン郊外のラクセンブルクにおいて、ツィスライタニエン首相を務めたホーエンローエ=ヴァルデンブルク=シリングスフュルスト侯子コンラートの娘フランツィスカ(1897年 - 1989年)と結婚した。夫妻は間に息子を2人もうけた。

  • フェルディナント・カール・マックス・フランツ・オットー・コンラート・マリア・ヨーゼフ・イグナティウス・ニコラス(1918年 - 2004年) - 1956年、トールリンク=イェッテンバッハ伯爵令嬢ヘレーネ(ギリシャ王女エリサヴェトの娘)と結婚
  • ハインリヒ・カール・マリア(1925年 - ) - 1961年、ガレン伯爵夫人ルドミラと結婚