マイケル・ベシュロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・ベシュロス(Michael Richard Beschloss、1955年11月30日 - )は、アメリカの歴史学者評論家

シカゴ生まれ。ウィリアムズ大学卒業。ハーバード大学ビジネススクールMBA取得。PBSニュースアワーNBCニュースのコメンテーターを務めるほか、スミソニアン博物館の研究員でもある。

著書[編集]

  • Kennedy and Roosevelt: the uneasy alliance, Norton, 1980.
  • MAYDAY: Eisenhower, Khrushchev, and the U-2 affair, Harper & Row, 1986.
『1960年5月1日――その日軍縮への道は閉ざされた』、篠原成子訳、朝日新聞社、1987年
  • The crisis years: Kennedy and Khrushchev, 1960-1963, Edward Burlingame Books, 1991.
『危機の年――ケネディとフルシチョフの闘い 1960-1963』、上下巻、筑紫哲也訳、飛鳥新社、1992年
  • The conquerors: Roosevelt, Truman, and the destruction of Hitler's Germany, 1941-1945, Simon & Schuster, 2002.
  • Presidential courage: brave leaders and how they changed America, 1789-1989, Simon & Schuster, 2007.

共著[編集]

  • At the highest levels: the inside story of the end of the cold war, Michael R. Beschloss and Strobe Talbott, Little, Brown, 1993.
『最高首脳交渉――ドキュメント・冷戦終結の内幕』、上下巻、浅野輔訳、同文書院インターナショナル、1993年

編著[編集]

  • Taking charge: the Johnson White House tapes, 1963-1964, edited by Michael R. Beschloss, Simon & Schuster, 1997.
  • Reaching for glory: Lyndon Johnson's secret White House tapes, 1964-1965, edited by Michael Beschloss, Simon & Schuster, 2001.