ポントス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポントス山脈
カフカース周辺の写真。中央で右下がりに大きく雪に覆われているのがカフカース山脈、その左が黒海、黒海の右下で小さく右上がりに雪に覆われているのがポントス山脈

ポントス山脈(ポンティク山脈、トルコ語: Doğu Karadeniz Dağları=東黒海山脈, : Pontic Mountains)はトルコ北部ポントスの南部にある山脈。最高峰は3,942メートルのカチカル山 (Kaçkar Dağı。カチカル山周辺だけを特にカチカル山脈 (Kaçkar Mountainsと呼ぶ。現地ではParharとも呼ばれ、これはヒッタイト語で「頂点」を意味している。ポントスギリシャ語 (Pontic GreekではRomeikaと呼ばれる。

黒海アナトリア半島を隔てる北アナトリア山脈クゼイアナドール山脈Kuzey Anadolu Dağları)の一部であるが、北アナトリア山脈の意味で用いられることもある。

北アナトリア山脈(ポントス山脈)は、黒海沿岸に沿って東西に伸びており、その東端はグルジアにまで達する。この山脈に沿って北アナトリア断層と北東アナトリア断層 (Northeast Anatolian Faultがある。

北アナトリア山脈の多くは森林に深く覆われており、針葉樹広葉樹混交林となっている。これは北アナトリア針葉樹及び落葉樹林 (Northern Anatolian conifer and deciduous forestsと呼ばれている。この森にはカフカースクロライチョウ (Caucasian Black Grouseクビワツグミ、アカビタイセリン (Red-fronted Serinカベバシリなどの野鳥がすむ[1]

注釈[編集]

  1. ^ Couzens, Dominic (2008). Top 100 Birding Sites of the World. University of California Press. pp. 73-75. ISBN 978-0-520-25932-4. 

座標: 北緯40度30分 東経40度30分 / 北緯40.500度 東経40.500度 / 40.500; 40.500