ボー・デレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bo Derek
ボー・デレク
ボー・デレク
2010年撮影
本名 メアリー・キャスリーン・コリンズ(Mary Cathleen Collins)
生年月日 1956年11月20日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 女優

ボー・デレクBo Derek, 本名:メアリー・キャスリーン・コリンズ(Mary Kathleen Collins), 1956年11月20日 - )は、アメリカ合衆国女優カリフォルニア州ロングビーチ出身。

経歴[編集]

父は広告会社重役。母はアン=マーグレットのスタイリストであった[1]。10代の頃からモデルとして活躍。後に女優を志し、タレント・エージェントを通して俳優映画監督ジョン・デレクと知り合う。1976年に30歳年上のデレクと結婚[2]ブレイク・エドワーズ監督の『テン』で、10点満点の美女を演じて脚光を浴びる。

夫ジョン・デレクの監督作品では、作品の内容よりも彼女の肢体を見せるプロモーション映画の傾向が強い。1998年にジョン・デレクが死去した後、俳優のジョン・コーベットと交際している[3]

最低の映画に与えられるゴールデンラズベリー賞の最低主演女優賞を『類猿人ターザン』、『ボレロ/愛欲の日々』、『ゴースト・ラブ』で3度受賞するという不名誉(?)な記録を持つ。なお、『ボレロ/愛欲の日々』は作品賞、『ゴースト・ラブ』は監督賞も受賞。さらに、ラジー賞10周年記念賞である「1980年代最低女優賞」というおまけも付いた。近年はテレビ出演が主である。

主な出演作[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]