ボールねじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボールねじ(Ball Screw)[1] [2] [3] とは、ねじ軸、ナット、ボールなどから構成される機械要素部品のひとつであり、直線運動を回転運動または回転運動を直線運動に変換する。物を締結する目的のねじとは、ねじ部の利用方法が異なるものである。

概要[編集]

ねじ軸とナットの間にボールを入れて軽く転動させることができるトライボロジー(摩擦制御技術)を用いた部品。 ボールは無限循環する必要があるため、ねじ軸、ナット、ボールのほかに循環部品が不可欠である。 循環方式には以下のものがある。

  • リターンチューブ式
  • エンドデフレクタ式
  • エンドキャップ式
  • こま式
  • リターンプレート式

大きさ精度により使用用途が分かれており 小径サイズのものは、主に精密分野に使用され 大きいものは主に工作機械、搬送機械などに使用される。

自動車のステアリングに使用するために製作され 半導体製造装置、液晶製造装置、検査装置、工作機械などに使用されており、 最近では医療機器、ロボット、食品機械、射出成型機、航空宇宙機器、自動車などにもその応用分野を広げている。

日本国内主要ボールねじメーカー[編集]

参考文献他[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 吉本成香 「はじめての機械要素」森北出版 (2011/4/16) ISBN-13: 978-4627668218
    (機械系の書物は、成書であっても、皆が思い思いのスラングで物の呼称で呼ぶ 傾向があるが、規格を直接引用し、規格に忠実に記載している点で本書を引用文献とした。)
  2. ^ CYEUS W. CEENSHAW US155862[1]
  3. ^ JISB 1192:1997 [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]