ボロディン弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボロディン弦楽四重奏団Квартет имени Бородина, 英語:Borodin Quartet)は旧ソ連邦において1945年に結成されたロシア弦楽四重奏団。歴代メンバーの亡命や国外流出を経てなお現在、世界で最も活動歴の長い弦楽四重奏団であり、2005年には結成60周年を迎えた。

元来はモスクワ・フィルハーモニー四重奏団と名乗っていたが、1955年に、近代ロシアの室内楽の開拓者というべき作曲家アレクサンドル・ボロディンにちなんで改名された。ソ連の誇るピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテルと長年にわたって共演を重ねてきた。

作曲家ドミートリイ・ショスタコーヴィチとゆかりが深く、しばしば作曲の相談を受けた。このためショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の録音が数多いが、メロディア・レーベルへは、とりわけフランクドビュッシーらフランス近代音楽の録音によって名声を馳せた。

歴代メンバー[編集]

外部リンク[編集]