ホーミ・J・バーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Homi Jehangir Bhabha

ホーミ・J・バーバー(Homi Jehangir Bhabha、1909年10月30日1966年1月24日)はインド物理学者。インドの原子力開発に大きな貢献をした。

ムンバイ生まれ。裕福なパールシー(ペルシャ系インド人)のゾロアスター教徒であり、インドの2大財閥のひとつのタタ財閥一族を親類に持つ。ケンブリッジ大学で機械工学を学び、ポール・ディラックに影響を受け理論物理学に進んだ。1935年、ケンブリッジ大学で学位を得た。宇宙線シャワーの分野で功績をあげた。1939年インドに戻り、バンガロールインド理科大学院チャンドラセカール・ラマンのもとで働いた。1945年、ムンバイに叔父のJ・R・D・タタの援助を受けて、Institute of Fundamental Research を設立し所長となった。戦後、ジャワハルラール・ネルー首相の知己を得て、インドの核エネルギー開発のリーダーとなり、多くのインドの核物理学者を育成し、国際的な活動を行った。

1966年ヨーロッパへ向かう航空機の事故で死亡した。

バーバー原子力研究所(BARC:w:Bhabha Atomic Research Center)はバーバーの功績を記念して名づけられた。

外部リンク[編集]