ホソバヒメガマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホソバヒメガマ
Typha angustifolia nf.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: イネ目 Poales
: ガマ科 Typhaceae
: ガマ属 Typha
: ホソバヒメガマ T. angustifolia
学名
Typha angustifolia
L.
和名
ホソバガマ[1]・ホソバヒメガマ

ホソバヒメガマ (Typha angustifolia) は、ガマ属多年生植物である。北半球の湿地帯に自生する。北アメリカには移入されたものだと主張する研究者もいる[2]

ホソバヒメガマの分布範囲は、ガマの分布範囲と重なる。この2種は、Typha x glauca (Typha angustifolia x T. latifolia)として交雑する。

食用[編集]

いくつかの部分は食べることができる[3]。食用の茎はベトナムでは、bồn bồnと呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ホソバガマ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ Mills, Edward L.; Leach, Joseph H.; Carlton, James T.; Secor, Carol L. (1993). “Exotic Species in the Great Lakes: A History of Biotic Crises and Anthropogenic Introductions”. J. Great Lakes Res. 19 (1): 1–54. http://www.sgnis.org/publicat/papers/19p4.pdf 2008年9月14日閲覧。.  See p. 36 for discussion of T. angustifolia.
  3. ^ Typha angustifolia: Plants for a Future Database Report”. Plants for a Future. 2008年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]