ガマ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガマ科
Typha latifolia 02 bgiu.jpg
ガマ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ガマ目 Typhales
: ガマ科 Typhaceae
: ガマ属 Typha
学名
Typhaceae
Juss., 1789
和名
ガマ科

ガマ科(Typhaceae)は単子葉植物の科。ガマ属 Typha のみからなり、世界の熱帯温帯に10種ほどが分布する。

多年生の抽水性水草で、地下には太い根茎を走らせ、鱗片葉をつける。葉は細長く、基部は筒状に偽茎を包む。

は単性、茎の上に雄花、下に雌花が集まって、花は互いに密集し、それぞれ棒状になる。花序は穂状に見えるが、実際には短い側枝の上に花が付く。花序の基部に苞があるが、早くに脱落する。花はごく単純で、雄花では柄の先に2-3個の雄蘂が、雌花では同じく柄の先に1個の雌蘂があるのみ。いずれもその柄には毛が生えている。雌花では果実が熟すると個の毛によって風に乗り散布される。果実は堅果で、ごく小さい。

ミクリ科に近縁。新しいAPG植物分類体系ではイネ目に入れている。

日本にはガマコガマヒメガマが自生する。