ホセ・アルベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセ・アルベルト (José Alberto1958年12月22日ドミニカ共和国サントドミンゴ生まれ、本名ホセ・アルベルト・フスティニアノ(José Alberto Justiniano))は、ドミニカ人のサルサ歌手。

ホセ・アルベルトは7歳の時に家族とともにプエルトリコに移り、ラテン音楽に傾倒してLas Antillas Military Academyで歌唱力を磨いた。

彼は1970年代初めにニューヨークへ移住し、いくつかの楽団で歌った。1977年10月に、「ティピカ73」のバンドリーダーとして一躍国際的な注目を浴びた。

1983年には自身のバンドを始め、1984年のソロデビュー曲「Noches Calientes」のリリースでラテン音楽界の大スターとなった。

彼の1991年のアルバム「Dance With Me」では、いわゆる「サルサ・ロマンティカ」と呼ばれるサルサの新しいスタイルを確立した。「Sueno Contigo」といったヒットで、彼の歌声は広く知られた。特に彼のフルートを吹いているかのような口笛の技術に卓越し、「El Canario(カナリア)」のニックネームで呼ばれている。

アメリカ合衆国ヨーロッパ、特に母国のドミニカ共和国、プエルトリコ、ペルーベネズエラパナマエクアドルなど、ラテン・アメリカ諸国で人気がある。


参照[編集]

Descarga

José "El Canario" Alberto - Allmusic