ペテル・ジョンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
スロベニアの旗 スロベニア
男子 スキージャンプ
オリンピック
2002 ソルトレークシティ ラージヒル団体

ペテル・ジョンタ(Peter Žonta、1979年1月9日 - )はスロベニアリュブリャナ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1995年12月8日、15歳でフィラハオーストリア)のワールドカップにデビュー、46位だった。 16歳の誕生日を目前にしたインスブルックで15位となる。2月のノルディックスキージュニア世界選手権では団体銅メダルを獲得、翌年のジュニア世界選手権では団体金メダルを獲得した。

1998年の長野オリンピックではノーマルヒル39位、ラージヒル28位だった。 4年後のソルトレークシティオリンピックダミヤン・フラスプリモジュ・ペテルカロベルト・クラニエッツとともに団体銅メダルを獲得した。

2003/04シーズンのスキージャンプ週間インスブルックでワールドカップ初優勝、ジャンプ週間自己最高の総合3位となった。 このシーズンのワールドカップ総合でも自己最高位の10位となった。

2004/05シーズンに膝を痛め、シーズン途中の2月で競技から離れることとなった。この怪我のため2005/06シーズンを棒に振り、2006/07シーズンに復帰した。

2007年3月にコンチネンタルカップで優勝し、このシーズン限りで現役引退した。

外部リンク[編集]