ベン・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・グリーン

ベン・グリーンBen Joseph Green, 1977年2月27日 - )は、イギリスブリストル出身の数学者。元ブリストル大学教授(2005年1月 - 2006年9月),現ケンブリッジ大学教授(2006年9月 - ,w:Herchel Smith Professor of Pure Mathematics)。専門は数論的組合わせ論。

ケンブリッジ大学に学び、ティモシー・ガワーズの指導のもと2003年に博士号を取得。 2004年にはテレンス・タオとの共同研究(素数の集合のなかには任意の長さの等差数列が存在することを証明)を発表して一躍注目を集めた。

またグリーン個人により、自然数に関するキャメロン・エルデシュ予想を解決。

同年にクレイ研究賞を受賞。2005年にはサレム賞を受賞。2008年にヨーロッパ数学会賞を受賞。

外部リンク[編集]