ベンズアルデヒドデヒドロゲナーゼ (NAD+)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「ベンズアルデヒドデヒドロゲナーゼ (NAD+)」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
ベンズアルデヒドデヒドロゲナーゼ (NAD+)
識別子
EC番号 1.2.1.28
CAS登録番号 37250-93-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ベンズアルデヒドデヒドロゲナーゼ (NAD+)(benzaldehyde dehydrogenase (NAD+))は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ベンズアルデヒド + NAD+ + H2O \rightleftharpoons 安息香酸 + NADH + 2 H+

反応式の通り、この酵素の基質はベンズアルデヒドNAD+、生成物は安息香酸とNADHとH+である。

組織名はbenzaldehyde:NAD+ oxidoreductaseである。

参考文献[編集]

  • GUNSALUS CF, STANIER RY, GUNSALUS IC (1953). “The enzymatic conversion of mandelic acid to benzoic acid. III Fractionation and properties of the soluble enzymes”. J. Bacteriol. 66: 548–53. PMID 13108854.