ベルナール・セルキリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルナール・セルキリーニ(Bernard Cerquiglini, 1947年リヨン - )は、フランス共和国言語学者

人物[編集]

リヨン高等師範大学でアグレガシオンを取得後、パリ大学第7キャンパス(パリ第7大学)の言語学講師として勤務する。母国フランス語の専門家として評価を集め、国立言語観測所の所長やフランス語協会理事といった政府の研究機関で要職を歴任、1996年からは言語実験工房会員としても活動した。政府の要請でフランス語の文法研究などを行う一方、フランスの言語政策に深い疑問を抱き、盛んに問題点を指摘している人物としても知られている。

現在はアメリカのルイジアナ州立大学で言語学教授を務める他、フランス国際放送「TV5MONDE」のフランス語講座で講師役として出演している。

書籍[編集]

フランス語文献[編集]

  • La Représentation du discours dans les textes narratifs du Moyen Âge français, Thèse d’Etat de Linguistique, Aix-Marseille, 1979.
  • La Parole médiévale : discours, syntaxe, texte, Les Éditions de Minuit, 1981, réédité en 1995.
  • Éloge de la variante. Histoire critique de la philologie, Seuil, 1989.
  • La Naissance du français, Presses Universitaires de France, « Que sais-je ? », 1991.
  • L'Accent du souvenir, Les Éditions de Minuit, 1995.
  • Le Roman de l’Orthographe. Avant la faute, au paradis des mots, éditions Hatier (coll. Brèves), 1996.
  • À travers le Jabberwocky de Lewis Carroll, une analyse du poème "Jabberwocky", coll. l'Iutile, Le Castor Astral, préface d'Hervé Le Tellier, 1997.
  • Les Langues de la France, Rapport au Ministre de l'Éducation Nationale, de la Recherche et de la Technologie, Paris, 1999
  • Une langue orpheline, Paris, Les Éditions de Minuit, 2007

日本語文献[編集]

  • 『言語的多様性:フランスにとっての挑戦か好機か』(「日仏文化」第75号)
  • 『フランス語の誕生』(瀬戸直彦・三宅徳嘉訳)