ベッキ・ピペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Riot Becki

ベッキ・ピペットBecki Pipette 1982年7月30日 - )は英国歌手ザ・ピペッツのメンバー。本名はレベッカ・ルイーズ・スティーヴンズRebecca Louise Stephens)。あだ名はライオットベッキRiotBecki)。

ブライトン生まれ。ステージでは普通、向かって左側に立っている。ピペッツの三人娘の中ではダークな感じの金髪で、眼鏡をかけ、図書館司書のようだと言われることが多い。かつてはダンサーで、アマチュアの女優として舞台に立ち、メディア学で学位を取得した。バッキンガムシャー・チルターンズ・ユニバーシティー・カレッジを卒業した時の論文のテーマはポルノ映画だった[1]

シングル"Your Kisses Are Wasted on Me"や "Tell Me What You Want"、"One Night Stand"でリードヴォーカルを担当。2005年4月、元ピペッツのジュリアと共にヒップホップアルバムFlowers & Treesに参加。これは同郷のY.Misdaq aka Yoshiによるアルバムである。その他、バンドメイトのジョン・カセットとエレクトリック・ソフト・パレードのトム・ホワイトによる一回限りのプロジェクトThe Blind Cowboysにもヴォーカルとして参加している。

ライオットベッキというあだ名は、Riot Grrrl(ライオット・ガール)シーンが好きなことに由来。命名したのはスリーター・キニーキャスリーン・ハンナ、そしてガイデッド・バイ・ヴォイシズである。

[編集]

  1. ^ "Pipettes bring touch of class to Academy", Manchester Evening News, 13th April 2007 (link)