ベイリー・ビーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベイリー・ビーズ

ベイリー・ビーズ(Baily's beads)とは、日食の際に太陽を隠し、月表面の凹凸の地形によって日光がビーズのように見える現象である。1836年にこの現象について初めて正しい説明を与えたフランシス・ベイリーにちなんで名付けられた[1]

概要[編集]

月の地形は、クレーター、谷等の存在によって、かなり凹凸に富んでいる。月表面の不規則性は、恒星の掩蔽の観測によって正しく知ることができる。日食の経路の中心では第二接触と第三接触の数秒間だけベイリー・ビーズが見られるが、本影部の端付近ではその継続時間が最大になり、1分から2分も続く。

通常、ベイリー・ビーズは、月(太陽)の円弧の一部分にしか発生しないが、金環皆既日食の場合、観測位置によっては円弧の大半がベイリー・ビーズになる事もある。

その他[編集]

NBCのテレビドラマ『HEROES』のオープニングにはベイリー・ビーズの映像が使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Littmann, Mark; Willcox, Ken; Espenak, Fred (1999). Totality - Eclipses of the Sun. Oxford University press. pp. 65–66. ISBN 0195131797. 

外部リンク[編集]