ベアトリーチェ・ダラゴーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンガリー王妃ベアトリクス

ベアトリーチェ・ダラゴーナイタリア語:Beatrice d’Aragona, 1457年11月16日 - 1508年9月23日)は、ナポリ王女として生まれ、2度ハンガリー及びボヘミア王妃となった人物。ハンガリー語ではアラゴーニアイ・ベアトリクス(Aragóniai Beatrix)、チェコ語ではベアトリクス・ネアポルスカー(Beatrix Neapolská)。

ナポリフェルディナンド1世と王妃イザベッラ・ディ・キアロモンテの次女としてナポリで生まれた。1476年12月、ハンガリー王マーチャーシュ1世の3度目の妃となった。3度の結婚でいずれも嫡子を得られなかったマーチャーシュは、庶子ヤーノシュへの王位継承を考えていたといわれるが、1490年に急死した。

1491年、ウラースロー2世と再婚したが、この結婚でも子供はできず、1502年頃に2人は離婚した。ウラースローはアンヌ・ド・フォワと再婚した。ベアトリーチェはナポリへ帰国し、1508年に没した。