ベアトリス・ド・ブルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベアトリス(ベアトリクス)

ベアトリス・ド・ブルボン(Beatrice de Bourbon, 1320年 - 1383年)は、ブルボン公ルイ1世とマリー・ダヴェーヌの末娘で、ボヘミアヨハンの2度目の王妃。チェコ語名はベアトリクス・ボウルボンスカー(Beatrix Bourbonská)、ドイツ語名はベアトリクス・フォン・ブルボン(Beatrix von Bourbon)。

1334年、先妻エリシュカ(ボヘミア王ヴァーツラフ2世の娘、1292年 - 1330年)と死別していたヨハンと結婚した。2人の間には1男1女が生まれた。

ヨハンが1346年にクレシーの戦いで戦死すると、翌1347年にベアトリスはウード2世・ド・グランシーと再婚したが、子供は生まれなかった。