ヘンリエッテ・ヘルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリエッテ・ヘルツ

ヘンリエッテ・ヘルツHenriette Julie Herz, 1764年9月5日 - 1847年10月22日)はユダヤ系ドイツ人女性で、18世紀末から19世紀初頭のベルリンにおける文学サロンで中心的な役割を果たした。旧姓はデ・レモス de Lemos

彼女のもとには初期ロマン派の作家、フンボルト兄弟フィヒテシュライアーマッハー、彫刻家ゴットフリート・シャドウ Gottfried Schadow らが集まった。

回想録や書簡は当時のサロン文化を知る上で重要な手がかりとなっている。

特にシュライアーマッハーとは親しく、伝記を残している。また「若きドイツ青年ドイツ派)」のルートヴィヒ・ベルネに大きな影響を与えた。

夫のマルクス・ヘルツ Marcus Herz(1747-1803)は内科医で哲学者であった。