ヘンドラワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 バドミントン
2000 男子シングルス

ヘンドラワンHendlawan1972年6月27日 - )は、インドネシアバドミントン選手。

概要[編集]

幼いころからバドミントン好きの父の影響を受け、バドミントンに熱中する。

1993年、21歳のヘンドラワンはフランスオープンで初めて優勝する。

彼は2000年頃まで、個人種目で目立った成績を残すことはなかったが、トマス杯では常にエースとして出場し、インドネシアを何度も危機から救い、優勝へ導いた。

シドニーオリンピックでは、決勝まで進むが、銀メダルにとどまる。

2001年の世界選手権では優勝し、念願の世界チャンピオンの座を手にした。

引退後はインドネシアナショナルチームでコーチとしてを務めている。

プレースタイル[編集]

  • 典型的な守備重視選手で、粘り強いレシーブと正確なネットプレーで相手の体力を消耗させてカウンターに転じる。多くのトップ選手が彼の粘り強いプレースタイルに手を焼いた。
  • 特筆すべきエースショットは無いものの、小柄な体躯を逆に生かした軽やかなフットワークは非常に安定しており、またラケットワークも巧みで、幾つもの技の引き出しを持っている。

外部リンク[編集]