トマス杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス杯(Thomas Cup)は男子バドミントンの国別対抗戦である。

同大会の名称は、20世紀初頭の名選手だったジョージ・トマス(国際バドミントン連盟(IBF)初代会長)にちなんだ。現在、同大会はIBFから2006年9月に改名された世界バドミントン連盟(BWF)により運営され、女子のユーバー杯と並ぶ国別の団体世界選手権とされている。

大会の流れ[編集]

  • 各国から4名から10名の選手が選出されてチームを構成し、シングルス3試合とダブルス2試合の計5試合のうち3試合に勝ったチームの勝利となる。
  • 1度の対戦において、1人の選手が出場できるのはシングルス1試合とダブルス1試合まで(それ以上の重複は認められない。)。
  • グループリーグではチームの勝敗が決しても5試合すべてを行い、トーナメントではどちらかのチームが3勝して勝敗が決した時点でそれ以降の試合は行われない。

開催方式[編集]

同大会の開催方式は以下のように大きく変化している。以下、決勝大会での対戦方式の変遷を記す。

1. 第1回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた3か国(マラヤ連邦[1]デンマークアメリカ合衆国)によるトーナメント。デンマークは決勝にシード。1戦で9試合を行い、勝利数の多い方が勝ち抜け。
2. 第2-7回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた4か国(第2回は3か国)によるトーナメント制のインターゾーンプレーオフを行い、その勝者が前回優勝国とチャレンジラウンド(決勝戦)で対戦。
3. 第8-12回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた4か国(第10、12回は5か国)に前回優勝国を加えた5か国(同6か国)によるトーナメント制のインターゾーンプレーオフ。
4. 第13-20回 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた6か国に前回優勝国と開催国(第14回はインドネシアが重複)を加えた8か国による決勝大会のグループリーグ(2組、各4か国)を行い、各組上位2か国による準決勝・決勝(トーナメント、第13-16回は3位決定戦も実施)。この時から1戦ごとに全5試合の対戦となる(第18回のみ、決勝戦はどちらかが先に3勝した時点で打ち切り)。開催は3年に1度から2年に1度、女子のユーバー杯と同時開催へ変更(第13回トマス杯と第10回ユーバー杯、以下同)。
5. 第21-23回 - 準決勝・決勝は先にどちらかが3勝した時点で打ち切り。
6. 第24回以降 - 各大陸ゾーン予選を勝ち抜いた10か国に前回優勝国と開催国(第24回は中華人民共和国が重複)を加えた12か国が参加。4組、各3か国でのグループステージを行い、各組1位が準々決勝に進出。各組2位は各組3位とプレーオフを行い、その勝者が準々決勝に進出して、各組1位と対戦。
7. 第28回大会は各大陸予選を行わず、シングルス、ダブルスの上位選手の世界ランキングポイントを集計した国・地域別のチームランキング上位16ヶ国(地域)が参加する方式に変更。4チームを1グループとした4グループに分かれて予選リーグを行い、それぞれ上位2チームが準々決勝以降のトーナメントに進出。

各大会の記録[編集]

決勝開催日 開催都市(国) 参加国数 優勝国 結果 準優勝国 3位[2]
1 1948
 -49
1949年
2月25日-26日
プレストン
イングランド[3]
10 Flag of Malaya.svg マラヤ連邦 8-1 デンマークの旗 デンマーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2 1951
-52
1952年
5月31日-6月1日
シンガポール
(英領シンガポール)
12 Flag of Malaya.svg マラヤ連邦 7-2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インドの旗 インド
3 1954
-55
1955年
6月4-5日
シンガポール 21 Flag of Malaya.svg マラヤ連邦 8-1 デンマークの旗 デンマーク インドの旗 インド
4 1957
-58
1958年
6月14-15日
シンガポール 19 インドネシアの旗 インドネシア 6-3 Flag of Malaya.svg マラヤ連邦 タイ王国の旗 タイ
5 1960
-61
1961年
6月10-11日
ジャカルタ
インドネシア
19 インドネシアの旗 インドネシア 6-3 タイ王国の旗 タイ デンマークの旗 デンマーク
6 1963
-64
1964年
5月21-22日
東京[4]
日本
26 インドネシアの旗 インドネシア 5-4 デンマークの旗 デンマーク タイ王国の旗 タイ
7 1966
-67
1967年
6月9-10日
ジャカルタ
インドネシア
23 マレーシアの旗 マレーシア 6-3[5] インドネシアの旗 インドネシア 日本の旗 日本
8 1969
-70
1970年
6月5-6日
クアラルンプール
マレーシア
25 インドネシアの旗 インドネシア 7-2 マレーシアの旗 マレーシア カナダの旗 カナダ
デンマークの旗 デンマーク
9 1972
-73
1973年
6月2-3日
ジャカルタ
インドネシア
23 インドネシアの旗 インドネシア 8-1 デンマークの旗 デンマーク カナダの旗 カナダ
タイ王国の旗 タイ
10 1975
-76
1976年
6月4-5日
バンコク
タイ
26 インドネシアの旗 インドネシア 9-0 マレーシアの旗 マレーシア デンマークの旗 デンマーク
タイ王国の旗 タイ
11 1978
-79
1979年
6月1-2日
ジャカルタ
インドネシア
21 インドネシアの旗 インドネシア 9-0 デンマークの旗 デンマーク 日本の旗 日本
インドの旗 インド
12 1981
-82
1982年
5月20-21日
ロンドン
イングランド
26 中華人民共和国の旗 中国 5-4 インドネシアの旗 インドネシア イングランドの旗 イングランド
デンマークの旗 デンマーク
13 1984   クアラルンプール
マレーシア
34 インドネシアの旗 インドネシア 3-2 中華人民共和国の旗 中国 イングランドの旗 イングランド
14 1986   ジャカルタ
インドネシア
38 中華人民共和国の旗 中国 3-2 インドネシアの旗 インドネシア マレーシアの旗 マレーシア
15 1988   クアラルンプール
マレーシア
35 中華人民共和国の旗 中国 4-1 マレーシアの旗 マレーシア インドネシアの旗 インドネシア
16 1990   東京
日本
53 中華人民共和国の旗 中国 4–1 マレーシアの旗 マレーシア デンマークの旗 デンマーク
インドネシアの旗 インドネシア
17 1992 1992年
5月16日[6]
クアラルンプール
マレーシア
54 マレーシアの旗 マレーシア 3-2 インドネシアの旗 インドネシア 韓国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
18 1994 1994年
5月21日
ジャカルタ
インドネシア
51 インドネシアの旗 インドネシア 3-0[7] マレーシアの旗 マレーシア 韓国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
19 1996 1996年
5月26日
香港
(英領香港政庁)[8]
56 インドネシアの旗 インドネシア 5-0 デンマークの旗 デンマーク 韓国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
20 1998 1998年
5月24日
香港
(中国香港特別行政区)
49 インドネシアの旗 インドネシア 3-2 マレーシアの旗 マレーシア 中華人民共和国の旗 中国
デンマークの旗 デンマーク
21 2000 2000年
5月21日
クアラルンプール
マレーシア
48 インドネシアの旗 インドネシア 3–0 中華人民共和国の旗 中国 韓国の旗 韓国
デンマークの旗 デンマーク
22 2001
-02
2002年
5月19日
広州
中華人民共和国
50 インドネシアの旗 インドネシア 3-2 マレーシアの旗 マレーシア 中華人民共和国の旗 中国
デンマークの旗 デンマーク
23 2004 2004年
5月16日
ジャカルタ
インドネシア
12[9] 中華人民共和国の旗 中国 3-1 デンマークの旗 デンマーク インドネシアの旗 インドネシア
韓国の旗 韓国
24 2006
詳細
2006年
5月7日
仙台東京[10]
日本
12[11] 中華人民共和国の旗 中国 3-0 デンマークの旗 デンマーク インドネシアの旗 インドネシア
マレーシアの旗 マレーシア
25 2008
詳細
2008年
5月18日
ジャカルタ
インドネシア
12[12] 中華人民共和国の旗 中国 3-1 韓国の旗 韓国 インドネシアの旗 インドネシア
マレーシアの旗 マレーシア
26 2010
詳細
2010年
5月16日
クアラルンプール
マレーシア
12 中華人民共和国の旗 中国 3-0 インドネシアの旗 インドネシア 日本の旗 日本
マレーシアの旗 マレーシア
27 2012
詳細
2012年
5月27日
武漢
中華人民共和国
12 中華人民共和国の旗 中国 3-0 韓国の旗 韓国 日本の旗 日本
デンマークの旗 デンマーク
28 2014
詳細
2014年
5月25日
ニューデリー
インド
16 日本の旗 日本 3-2 マレーシアの旗 マレーシア インドネシアの旗 インドネシア
中華人民共和国の旗 中国
  • 過去27回の大会での優勝は、インドネシアが13回、中国が9回、マレーシア5回(うちマラヤ連邦3回)である。1950年代後半からはインドネシアが圧倒的に強かったが、1980年代に入るとIBFに加盟した中国が王座を奪った[13]。1990年代にはインドネシアが盛り返したが、2004年からは中国が5連覇している。2014年大会では準決勝で中国の6連覇を阻んだ日本が初優勝。
  • 2012年開催の武漢大会を含め、トマス杯の会場は大半がアジアであり、それ以外の開催は欧州のイングランドで2回のみである[14]。1967年大会は自国の劣勢に怒ったインドネシア人観客の妨害と、その制止を拒否したインドネシア当局のせいで大会続行が不可能となる事態となった。これは、インドネシアではスカルノ大統領による反マレーシア政策が進められていた上、1965年9月30日事件でそのスカルノが事実上失脚して大量虐殺が発生するなど、極端な政情不安が続いていたという背景がある。

脚注[編集]

  1. ^ 当時のイギリス領植民地。現在のマレーシアのうちマレー半島に当たる部分。
  2. ^ 第2-7回はインターゾーンプレーオフ決勝での敗退国。第8-12回はインターゾーンプレーオフ準決勝での敗退国(3位決定戦はなし)。第13-16回は準決勝敗退国同士で3位決定戦を実施したが、第17回以降は廃止。
  3. ^ IBFにはイギリスからイングランド・ウェールズスコットランドの3地域が独立した協会として加盟し、現在のBWFに引き継がれている。
  4. ^ 同年10月の東京オリンピックの5ヵ月前に開催された。
  5. ^ マレーシアが4-3とリードして迎えた第8試合の途中で、インドネシア人観客による妨害のため試合続行が不可能と判断され、残り2試合でマレーシアの勝利が宣告された。
  6. ^ 同年、初めてバドミントンがオリンピックの正式種目とされたバルセロナオリンピックの3ヵ月前に開催。
  7. ^ この大会は、決勝戦のみ一方が3勝した時点で打ち切り。
  8. ^ 香港はイギリス植民地の独立協会としてIBFに加盟し、1997年の中国返還後も独立した協会組織を維持して、現在もBWFに加盟。
  9. ^ IBFが参加国数の計算方法を変更し、以後は本大会出場国のみをカウント。
  10. ^ グループリーグとプレーオフは仙台市体育館で開催。準々決勝以降は東京体育館で開催。
  11. ^ 各大陸の予選参加国は74(予選免除の中国(前回優勝)と日本(開催国)を除く)。
  12. ^ ヨーロッパ予選はヨーロッパ団体選手権で代替し、その上位3か国(デンマーク・イングランド・ドイツ)が本大会に出場。
  13. ^ 中国は自らの加盟問題を巡り、1978年に友好国の協会とともに世界バドミントン連盟(WBF)を作ってIBFの分裂を招いたが、1981年に再びIBFへ統合され、中国はIBFに加盟してトマス杯とユーバー杯への参加が可能になった。
  14. ^ 一方、個人戦である世界選手権は2011年までの19回中、アジアでの開催は4回のみで、13回が欧州での開催となっている(他に北米で2回)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]