プレーケストーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレーケストーレンは垂直に立つ一枚岩である
プレーケストーレンから見たリーセフィヨルド

プレーケストーレンノルウェー語: Preikestolen)は、ノルウェーにあるフィヨルドリーセフィヨルドの崖の一つであり、主な観光地である。水面からの高さは垂直で600mになる一枚岩であり、崖の頂上はおよそ25m四方の正方形になっており、「演説台」を意味する名前の「Preikestolen」はこの形状から来ている。

ノルウェー西海岸のスタヴァンゲルから観光客が訪れるリーセフィヨルドの観光スポットの中でもシェラーグと並ぶ人気のある場所の一つであり、絶壁の崖の上は平らだが防護柵もなく、スリルを味わうことが出来る。しかし冬の期間は雪が降って地面が凍り、滑りやすいためトレッキングは禁止されている。最も観光に適したシーズンは4月から10月ごろとされる。

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「プレーケストーレン」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ

座標: 北緯58度59分10秒 東経6度11分19秒 / 北緯58.98611度 東経6.18861度 / 58.98611; 6.18861