プランマー病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プランマー病(プランマーびょう、: Plummer's disease)とは機能性甲状腺腫瘍により甲状腺ホルモンの過剰分泌を来たした病態のこと。

診断[編集]

放射性ヨードによる画像検査。腫瘍におけるヨードの集積、甲状腺の正常部分にヨードが取り込まれない、などの所見が得られる。

治療[編集]

手術による腫瘍の切除が基本的な治療となる。

関連項目[編集]