プラットフォーム特化モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラットフォーム特化モデル: platform-specific model)は、ソフトウェアやビジネスシステムのモデルで、プログラミング言語オペレーティングシステムデータベースなどの特定の技術プラットフォームに関連したものを指す。プラットフォーム特化モデルは現実の実装のために不可欠である。

例えば、オンラインショップを実現する要求があるとする。システムはユーザー、商品、クレジットカードなどの情報を格納する必要がある。設計者はこのために Oracleデータベースを用いることにするかもしれない。データベースを動作させるため、設計者は設計上の概念(例えばユーザー)をOracleSQL の方言の一種を用いて関係モデルに表現する。この Oracle 固有の関係モデルがプラットフォーム特化モデルである。

プラットフォーム特化モデルという用語は、モデル駆動型アーキテクチャ(MDA)アプローチの文脈で最も多く用いられる。MDA のアプローチは、OMGモデル駆動工学の考え方に対応するものである。

関連項目[編集]

関連する概念[編集]