ATLAS Transformation Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATLAS Transformation LanguageATL)は、QVTの Request for Proposal を受けて INRIA が開発したモデル変換言語である。QVT は Object Management Group によるモデル変換の標準である。ATL は、文法的変換にも意味論的変換にも使える。ATL は、モデル変換用仮想機械上に構築されている。

実装[編集]

関連して、オープンソースの ATL 開発ツールキットプラグインEclipse Model-to-Model Transformation Project (EMP) から出ており、MOF QVT (Query/View/Transformation language) を実装している。こちらにある文書を参照されたい。変換のための大規模なライブラリが ATL Transformations にある。MOF QVT はモデル変換のためのドメイン固有言語である。Ecore、EMF、KM3(メタモデル記述のためのドメイン固有言語)などで記述されたモデルをサポートしている。ATL は MDR/NetBeans 上でも動作する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]