モデル変換言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モデル変換言語(モデルへんかんげんご、Model Transformation Language)とは、モデル駆動型アーキテクチャにおけるモデル変換を行うコンピュータ言語

概要[編集]

様々な変換[編集]

モデル変換情報技術の中心的な役割を持っている。ソフトウェアシステムは、情報の変換を組み合わせたものと見ることもできる。UNIXシステムも基本的な変換言語(grepsedawkperlなど)から変換プログラム(フィルタ)を構築して使用するフレームワークであるとする見方もできる。ソフトウェア開発工程も抽象的な要求仕様から実際のシステムへの一連の変換と見ることができる。

モデル駆動工学における変換[編集]

いくつかのモデル変換言語は同図像性(Homoiconicity)の特徴を有している。同図像性とは、データモデルを表現するための言語と変換言語が深く関連しているか、同一であることを意味する。このような関係の顕著な例としてXMLXSLTの関係がある。このような指摘はモデル駆動工学との類似性を強調したいときになされることが多い。

モデル変換言語[編集]

OMGは、MOF/QVT と呼ばれるモデル変換言語の標準を定義した。これ以外にも、モデル変換言語として GReATVIATRAATL 等が存在する。モデル変換はモデル駆動型アーキテクチャの重要なコンポーネントである。

参考文献[編集]

  • The MDA Journal: Model Driven Architecture Straight From The Masters
  • Model Driven Architecture: Applying MDA to Enterprise Computing, David S. Frankel, John Wiley & Sons, ISBN 0-471-31920-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]