ブルーノ・ツー・イーゼンブルク・ウント・ビューディンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bruno von Ysenburg und Büdingen.jpg
Bruno-Fürst-Ysenburg-Büdingen.jpg

ブルーノ・ツー・イーゼンブルク・ウント・ビューディンゲンBruno Fürst zu Ysenburg und Büdingen, 1837年6月14日 ビューディンゲン - 1906年1月26日 ビューディンゲン)は、ドイツヘッセン大公国シュタンデスヘルイーゼンブルク=ビューディンゲン侯(1861年 - 1906年)。全名はブルーノ・カジミール・アルベルト・エミール・フェルディナントBruno Casimir Albert Emil Ferdinand)。

イーゼンブルク=ビューディンゲン侯エルンスト・カジミール2世とその妻のエアバッハ=フュルステナウ伯爵夫人テクラ(1815年 - 1874年)の間の第1子、長男として生まれた。1861年に父の後を継いで侯爵家の家長となり、同時に世襲のヘッセン大公国議会(Landstände des Großherzogtums Hessen)の第1院(貴族院)議員となった。1878年 - 1889年まで同議会の上院副議長を、1889年から1900年まで上院議長を務めた。1906年に死去し、侯爵家の家督は長男のヴォルフガングが継いだ。

1862年7月13日にリッヒ(現在のドイツ領ヘッセン州ギーセン郡)において、ゾルムス=ホーエンゾルムス=リッヒ侯子フェルディナントの娘マティルデ(1842年 - 1867年)と結婚し、間に2人の娘をもうけたが、1867年に死別した。

  • ヘートヴィヒ(1863年 - 1925年) - 1883年にシュトルベルク=ロスラ侯ボートと結婚、1902年にシュトルベルク=ロスラ伯クーノ(前夫の弟)と再婚
  • エリーザベト(1864年 - 1946年) - 1889年、ルドルフ・フォン・テュンゲン男爵と結婚

1869年9月30日にリューデンハウゼン(現在のバイエルン州キッツィンゲン郡)において、カステル=リューデンハウゼン伯爵夫人ベルタ(1845年 - 1927年)と再婚し、間に1男7女の8人の子女をもうけた。

  • エンマ(1870年 - 1944年) - 1898年、ゾルムス=ラウバッハ伯オットーと結婚
  • マリー(1875年 - 1952年)
  • ヴォルフガング(1877年 - 1920年) - イーゼンブルク=ビューディンゲン侯
  • テクラ(1878年 - 1950年) - 1901年、コラルト・エ・サン・サルヴァトーレ公マンフレーディ5世と結婚
  • マティルデ(1880年 - 1947年) - 1907年、コルネリウス・フォン・ハイル=ヘルンスハイム男爵と結婚
  • ヘレーネ(1881年 - 1951年)
  • ヘルタ(1883年 - 1972年) - 1920年、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公子アルブレヒトと結婚
  • アンナ(1886年 - 1980年) - 1911年にリッペ=ヴァイセンフェルト伯家家長エルンストと結婚、1922年にリッペ侯レオポルト4世と再婚

参考文献[編集]

Weblinks[編集]