イーゼンブルク伯領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
15世紀後半のイーゼンブルク伯の紋章
イーゼンブルク伯領(右側赤色)およびニーダーイーゼンブルク伯領(左側真ん中赤色)、1400年頃

イーゼンブルク伯領Grafschaft Isenburg)は、神聖ローマ帝国の帝国伯領の1つ。イーゼンブルク家Haus Isenburg)が領主として治めた。同家はイーゼンブルク城(Isenburg、現在のラインラント=プファルツ州ノイヴィート郡)を名字の地とする。18世紀には、伯爵領は現在のヘッセン州カッセル行政管区およびダルムシュタット行政管区に広がっていた。19世紀以降は陪臣化され、シュタンデスヘル家門となった。

歴史[編集]

イーゼンブルク家の先祖は、ライン渓谷中流上部およびヴェスターヴァルト地方(Westerwald)に住む自由騎士Edelfrei)であった。史料で裏付けられる同家の最初の居館は、ロマースドルフ(Rommersdorf、現在のノイヴィート市ハインバッハ=ヴァイス(Heimbach-Weis))にあった。1100年頃、同家はザイン川(Sayn)河畔とイザーバッハ(Iserbach)の所領を入手してイーゼンブルク城を建築、これらをイーゼンブルク騎士領(Herren von Isenburg)と称した[1]。当主たちは12世紀末までに、結婚を通じてアルンシュタイン伯領(Grafen von Arnstein)やコーベルンKobern-Gondorf)を相続した。

イーゼンブルク家では12世紀より家系の分裂が始まった。1210年には、すでに4つないし5つの系統に分裂していた。新しい分家が創設されたびに、所領は細かく分割された。同じく、新しい分家が出来るたびに新しい城も建築された。

イーゼンブルク家は最初期の分裂に際し、大きく分けてブラウンスベルク系、リンブルク系、ケンペニヒ系の3つに分裂した。ケンペニヒ系は最も早い1424年に断絶した。現在も続くイーゼンブルク家諸家は、リンブルク系の流れを汲んでいる。

ブラウンスベルク系は13世紀にヴィート伯領Grafschaft Wied))の半分を相続し、14世紀には伯領の残り半分も獲得して新しいヴィート伯家を創設し、この伯家は15世紀半ばまで続いた。ブラウンスベルク系は1664年、イーゼンブルク=グレンツァウ伯爵家の断絶により男系が途絶え、その遺領はヴァルダードルフ家(Walderdorff)とヴィート=ノイヴィート家の共同管理地域(Kondominium)とされた。

リンブルク系の諸系統の中で15世紀末まで続いていたのは、ビューディンゲンBüdingen)を本拠とする家系のみとなっていた。この家系も1511年にはロンネブルク城(Burg Ronneburg)城主系統とビルシュタイン城(Schloss Birstein)の城主系統に分かれた。前者は1601年に断絶し、後者は1628年から1631年にかけてビューデンゲン系統とオッフェンバッハ系統に分かれた。

1744年、嫡長子系のイーゼンブルク=ビルシュタイン伯ヴォルフガング・エルンストは神聖ローマ皇帝カール7世より帝国諸侯(フュルスト)に列せられた。

1806年、イーゼンブルク=ビルシュタイン侯領は他系統のイーゼンブルク諸家領を併合し、ライン連邦に参加した。イーゼンブルク侯領は1815年のライン連邦の崩壊とともにオーストリア帝国に占領された。翌1816年には改めて、イーゼンブルク侯領の大部分はヘッセン大公国に、わずかな部分はヘッセン選帝侯国に併合された。ヘッセン家の統治者はこのとき以後、「イーゼンブルク侯("Fürst zu Isenburg")」の称号をその統治者称号に加えた[2]。ヘッセン大公国では、イーゼンブルク諸家の旧領はビューディンゲン郡(Landratsbezirk Büdingen)という単一の行政単位にまとめられた。

イーゼンブルク=ビューディンゲン家は1840年に、イーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ家は1865年にそれぞれヘッセン大公家より侯(フュルスト)の称号を授けられた。イーゼンブルク=ビューディンゲン家は侯位を授けられた際、家名の中の「イーゼンブルク」の綴りを「Isenburg」から「Ysenburg」に変更している。なお、1936年にイーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ家の家長が子供のいないイーゼンブルク=ビューディンゲン家の家長と養子縁組し、その継嗣となったことにより、両家は実質的に一本化されている。

また、イーゼンブルク=ビルシュタイン侯爵家は1913年、家名を「(Fürst) zu Isenburg und Büdingen」から「(Fürst) von Isenburg」に変更し、単にイーゼンブルク侯爵家とだけ名乗っている。イーゼンブルク家諸家で現存する系統は、ビューディンゲン系とヴェヒタースバッハ系(実質的には一本化)、ビルシュタイン系の3系統のみとなる。

イーゼンブルク家の諸家[編集]

  • イーゼンブルク(Isenburg)[3]:1137年分裂
    • イーゼンブルク=ブラウンスベルク(Isenburg-Braunsberg):1210年頃に分裂
      • イーゼンブルク=ヴィート(Isenburg-Wied):1454年断絶、ルンケル家(Haus Runkel)が遺領相続
      • ニーダーイーゼンブルク(Nieder-Isenburg):1502年分裂
        • イーゼンブルク=グレンツァウ(Isenburg-Grenzau):1664年断絶
        • イーゼンブルク=ノイマーゲン(Isenburg-Neumagen):1554年断絶、ザイン伯家が遺領相続
    • イーゼンブルク=ケンペニヒ(Isenburg-Kempenich):1197年創設、1424年断絶
    • イーゼンブルク=リンブルク(Isenburg-Limburg):1137年創設、1146年分裂
      • イーゼンブルク=コヴェルン(Isenburg-Covern):1260年断絶
      • イーゼンブルク=グレンツァウ(Isenburg-Grenzau):1287年分裂
        • イーゼンブルク=アーレンフェルス(Isenburg-Arenfels):1371年断絶、イーゼンブルク=ヴィート系統が遺領相続
        • イーゼンブルク=クレーベルク(Isenburg-Cleberg):1340年分裂
          • イーゼンブルク=グレンツァウ(Isenburg-Grenzau):1439年断絶
          • イーゼンブルク=ビューディンゲン(Isenburg-Büdingen):1442年に帝国伯に陞爵、1511年分裂
            • イーゼンブルク=ロンネブルク(Isenburg-Ronneburg):1601年断絶
            • イーゼンブルク=ビルシュタイン(Isenburg-Birstein):1628/1633年分裂
              • イーゼンブルク=ビューディンゲン(Isenburg-Büdingen):1685年分裂
                • イーゼンブルク=ビューディンゲンIsenburg-Büdingen):1840年に侯爵に陞爵
                • イーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ(Isenburg-Wächtersbach):1865年に侯爵に陞爵(1936年、養子縁組によりビューディンゲン家と統合)
                • イーゼンブルク=メーアホルツ(Isenburg-Meerholz):1929年断絶
                • イーゼンブルク=マリエンボルン(Isenburg-Marienborn):1725年断絶
              • イーゼンブルク=オッフェンバッハ(Isenburg-Offenbach):1685年分裂
                • イーゼンブルク=ビルシュタインIsenburg-Birstein):1744年に侯爵に陞爵、1913年よりイーゼンブルクIsenburg)に改名
                • イーゼンブルク=フィリップスアイヒ(Isenburg-Philippseich):1920年断絶(貴賤結婚の子孫のみ存続)

歴代当主[編集]

現在も続くイーゼンブルク(=ビルシュタイン)侯爵家およびイーゼンブルク=ビューディンゲン侯爵家の歴代当主を挙げる。両家の共通の先祖はイーゼンブルク=ビューディンゲン伯ヴォルフガング・エルンスト1世(1560年 - 1633年)であり、前者の始祖はその長男ヴォルフガング・ハインリヒ、後者の始祖は八男ヨハン・エルンストである。

イーゼンブルク=ビルシュタイン家[編集]

イーゼンブルク・ウント・ビューディンゲン・イン・オッフェンバッハ伯
  • 1633年 - 1635年 ヴォルフガング・ハインリヒ(Wolfgang Heinrich)
  • 1635年 - 1685年 ヨハン・ハインリヒ(Johann Ludwig)
  • 1685年 - 1718年 ヨハン・フィリップ(Johann Philipp)
イーゼンブルク=ビューディンゲン・イン・ビルシュタイン伯
  • 1685年 - 1711年 ヴィルヘルム・モーリッツ(Wilhelm Moritz)
  • 1711年 - 1744年 ヴォルフガング・エルンスト1世(Wolfgang Ernst I.) - 1744年に侯爵(Fürst zu Isenburg und Büdingen)に陞爵
イーゼンブルク・ウント・ビューディンゲン・イン・ビルシュタイン侯
  • 1744年 - 1754年 ヴォルフガング・エルンスト1世(Wolfgang Ernst I.)
  • 1754年 - 1803年 ヴォルフガング・エルンスト2世(Wolfgang Ernst II.)
  • 1803年 - 1820年 カール1世(Karl I. )
  • 1820年 - 1866年 ヴォルフガング・エルンスト3世(Wolfgang Ernst III.)
  • 1866年 - 1899年 カール2世(Karl II.)
  • 1899年 - 1918年 フランツ・ヨーゼフ(Franz Joseph) - 1913年にイーゼンブルク侯(Fürst von Isenburg)と改称
イーゼンブルク侯家家長
  • 1918年 - 1939年 フランツ・ヨーゼフ(Franz Joseph)
  • 1939年 - 1956年 フランツ・フェルディナント(Franz Ferdinand)
  • 1956年 - フランツ・アレクサンダー(Franz Alexander)

イーゼンブルク=ビューディンゲン家[編集]

イーゼンブルク=ビューディンゲン侯爵家の紋章
イーゼンブルク=ビューディンゲン伯
  • 1633年 - 1673年 ヨハン・エルンスト1世(Johann Ernst I.)
  • 1673年 - 1693年 ヨハン・カジミール(Johann Casimir)
  • 1693年 - 1708年 ヨハン・エルンスト2世(Johann Ernst II.)
  • 1708年 - 1749年 エルンスト・カジミール1世(Ernst Casimir I.)
  • 1749年 - 1768年 グスタフ・フリードリヒ(Gustav Friedrich)
  • 1768年 - 1775年 ルートヴィヒ・カジミール(Ludwig Casimir)
  • 1775年 - 1801年 エルンスト・カジミール2世(Ernst Casimir II.)
  • 1801年 - 1840年 エルンスト・カジミール3世/1世(Ernst Casimir III./I.) - 1840年に侯爵(Fürst zu Ysenburg und Büdingen)に陞爵
イーゼンブルク=ビューディンゲン侯
イーゼンブルク=ビューディンゲン侯家家長
  • 1918年 - 1920年 ヴォルフガング(Wolfgang)
  • 1920年       アルフレート(Alfred) - 1920年に家督を放棄
  • 1920年 - 1941年 カール・グスタフ(Carl Gustav) - 1936年、イーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ侯家家長オットー・フリードリヒと養子縁組
  • 1941年 - 1990年 オットー・フリードリヒ(Otto Friedrich)
  • 1990年 - ヴォルフガング・エルンスト(Wolfgang Ernst)

一族の居城[編集]

城名 所在地 城主 建設時期 保存/所有の状況 写真
イーゼンブルク城
Stammburg Isenburg
イーゼンブルク
Isenburg
名字の地 1103年時点での存在が立証されている 城址 Isenburg 01.jpg
コーベルン城
Niederburg Kobern
コーベルン=ゴンドルフ
Kobern-Gondorf
イーゼンブルク=コーベルン家
Isenburg-Kobern
12世紀中葉 城址 Kobern Niederburg.jpg
グレンツァウ城
Burg Grenzau
ヘール=グレンツハウゼン
Höhr-Grenzhausen
イーゼンブルク=グレンツァウ家
Isenburg-Grenzau
1210年頃 城址 Grenzau Burg.jpg
アーレンフェルス城
Schloss Arenfels
バート・ヘニンゲン
Bad Hönningen
イーゼンブルク=アーレンフェルス家
Isenburg-Arenfels
13世紀 現存、1849年~1855年に大規模な改築を実施 ArenfelsRenaissanceschloss.jpg
リンブルク城
Burg Limburg
リンブルク・アン・デア・ラーン
Limburg an der Lahn
イーゼンブルク=リンブルク家
Isenburg-Limburg
800年頃 大部分が現存 Burg Limburg.jpg
ビューディンゲン城
Schloss Büdingen
ビューディンゲン
Büdingen
イーゼンブルク=ビューディンゲン家
Isenburg-Büdingen
12世紀 現存、イーゼンブルク=ビューディンゲン侯爵家の居城 Büdingen Schloss äußerer Hof 0233.jpg
ロンネブルク城
Burg Ronneburg
ロンネブルク
Ronneburg-de:Altwiedermus
イーゼンブルク=ロンネブルク家
Isenburg-Ronneburg
13世紀 大部分が現存 Ronneburg Hessen 03.jpg
ビルシュタイン城
Schloss Birstein
ビルシュタイン イーゼンブルク=ビルシュタイン家
Isenburg-Birstein
12世紀、1517年より居住 現存、イーゼンブルク(=ビルシュタイン)侯爵家の居城 Birstein 153540.jpg
イーゼンブルク城
Isenburger Schloss in Offenbach
オッフェンバッハ イーゼンブルク=オッフェンバッハ家
Isenburg-Offenbach
16世紀 オッフェンバッハ芸術造形大学が所有 Offenbach Isenburger Schloss d.jpg
メーアホルツ城
Schloss Meerholz
ゲルンハウゼン・メーアホルツ
Gelnhausen-Meerholz
イーゼンブルク=メーアホルツ家
Isenburg-Meerholz
1555/64年 インナー・ミッション(福音派の宗教組織)経営の養護施設 Schloss Meerholz02.jpg
ヴェヒタースバッハ城
Schloss Wächtersbach
ヴェヒタースバッハ
Wächtersbach
イーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ家
Isenburg-Wächtersbach
中世後期の濠のある城、1687年より居住 個人が所有
フィリップスアイヒ城
Schloss Philippseich
ドライアイヒ・ゲッツェンハイン
Dreieich-Götzenhain
イーゼンブルク=フィリップスアイヒ家
Isenburg-Philippseich
1675年に狩猟用城館として建設、1794年~1800年に現在の城として建築 個人が所有 Schloss Philippseich01.jpg

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.bendorf-geschichte.de/bdf-0080. htm „Zur Geschichte von Isenburg“ bei bendorf-geschichte.de
  2. ^ Köbler, Gerhard: "Historisches Lexikon der Deutschen Länder", S. 312
  3. ^ Rembold von Isenburg bei genealogy.eu

外部リンク[編集]