ブリティッシュ・ホバークラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリティッシュ・ホバークラフト・コーポレーション(British Hovercraft Corporation、略称BHC)は、かつて存在したイギリス企業。社名の通りホバークラフトの建造で知られた。

沿革[編集]

1966年サンダース・ロー傘下のウエストランド・エアクラフトヴィッカース・スーパーマリンの合弁により、一般向けホバークラフトの集約を目的に設立された。株式保有割合は、ウエストランド・エアクラフト65%, ヴィッカース・スーパーマリン25%, イギリス政府の技術移転企業ナショナル・リサーチ・ディベロップメントが10%であった。

ヴィッカース・スーパーマリンの設計は継続されず、サンダース・ローのSR-N4SR-N5SR-N6が継続され、1969年BH-7が唯一新規設計のホバークラフトとして設計・建造されたものとなった。

1970年、ウエストランド・エアクラフトが全株式を取得し、同社の子会社となった。翌年には、ブリテン・ノーマンから同業のクッション・クラフトを買収した。

1981年、ナショナル・リサーチ・ディベロップメントとホバーワークとの共同開発により、AP1-88を設計[1]。1983年には最初のAP1-88が就航している[2]

1984年、ウエストランド・エアロスペースに社名変更、ホバークラフトの技術と経験を活かして航空機産業へ進出した。

1994年、親会社がGKNに買収されたことにより、GKN ウエストランド・エアロスペースとなった。2000年6月まで同社名義でのプレスリリースが発表されていた[3]が、同年7月以降見られないこと、GKN エアロスペースが1993年設立であることから、この後のいずれかの時期に何らかの形で消滅したものと見られる。

ユニオン・ジャック[編集]

イースト・カウズの格納庫

1977年エリザベス2世在位25周年を記念して、イースト・カウズにあるハンガーの扉に巨大なユニオン・ジャックが描かれた。これは世界最大のユニオン・ジャックとされている。

製品[編集]

サンダース・ロー設計

自社設計

共同開発

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]