ブリックフィールダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリックフィールダー(: brickfielder)とは、オーストラリア南部の砂漠地帯でに吹く、乾燥した高温のこと。

内陸の乾燥地帯から南向きに吹き、海岸地帯にも吹き荒れる。しばしば砂塵嵐を伴う。これは、内陸地域では夏の強い日照により植物が枯れて表土が荒れ、舞い上がりやすくなってしまうためである。一度に数日程度吹き続けることもあり、その間砂塵が降り注ぎ続け、屋外の植物は高温と乾燥の厳しい環境にさらされ続ける。

ただし、ブリックフィールダーは、ある一面では"healthy wind"(健康的な風)でもある。高温と乾燥という厳しい環境は、人間に悪影響を及ぼす病原菌にとっても厳しい環境であるため、それらもダメージを受けて減少するからである。

大抵の場合、北寄りの風であるブリックフィールダーの後には、涼しい空気と曇天をもたらす"southerly burster"(サウザリー・バースター)という風が吹く。2つの風は、実は同じ1つの低気圧によって引き起こされるものである。温帯低気圧の場合はどの地域でも言えることだが、低気圧とその周辺の風向の関係から、東向きに低気圧が進む場合、強い北風(北半球なら南風)の後に前線が通過して風向が急変し、南風(北半球なら北風)が吹く。

出典[編集]