フリードリヒ2世 (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ2世(Friedrich II, 1418年 - 1478年3月19日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、リューネブルク(在位:1434年 - 1457年1472年 - 1478年)。ヴォルフェンビュッテル、リューネブルク侯ベルンハルト1世ザクセン選帝侯ヴェンツェルの娘マルガレーテの次男。リューネブルク侯オットー4世の弟。

1434年の父の死後、リューネブルクを兄のオットー4世と共に統治、1446年の兄の急死後は単独で統治した。1452年フランシスコ修道院ツェレに設立、1457年に退位して長男のベルンハルト2世に領土を譲り修道院に入ったが、1464年にベルンハルト2世が死去、後を継いだ次男のオットー5世1471年に死去、孫のハインリヒ1世が幼少のために1472年に復位し、1478年に亡くなるまでハインリヒ1世の後見を務めた。遺体はツェレの修道院に埋葬された。

子女[編集]

1437年ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世の娘マグダレーナと結婚、3人の子を儲けた。

  • ベルンハルト2世(1432年? - 1464年)
  • オットー5世(1439年 - 1471年)
  • マルガレーテ(1442年 - 1512年) - メクレンブルク=シュタルガルト公ハインリヒと結婚。
爵位・家督
先代:
ベルンハルト1世
リューネブルク
1434年 - 1457年
次代:
ベルンハルト2世オットー5世
先代:
オットー5世
リューネブルク侯
1472年 - 1478年
次代:
ハインリヒ1世