フランシス・スコット (第2代バクルー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2代バクルー伯フランシス・スコット: Francis Scott, 2nd Earl of Buccleuch1626年12月21日 - 1651年11月22日)は、スコットランドの貴族。

初代バクルー伯ウォルター・スコットと、第9代エロル伯爵英語版フランシス・ヘイ英語版の娘メアリーの間に生まれた[1][2][3][4]1636年から1642年までセント・アンドルーズ大学で学ぶ[1][2]

1646年、第6代ロシズ伯爵英語版ジョン・レスリーの娘で、バルゴニー卿アレグザンダー・レスリー(初代リーヴン伯爵英語版アレグザンダー・レスリー英語版の息子)未亡人となっていたレディ・マーガレット・レスリーと結婚した[1][2][3][4]。彼女との間に以下の子女を儲けた[2]

1651年ダルキース城英語版ミッドロージアンダルキース英語版)で死去し、同地に葬られた[1][2][3]。唯一の男子であったウォルターが夭折していたため、長女のメアリー英語版が爵位を相続した[1][2][3][4]。なおマーガレットは後に第2代ウィームズ伯爵英語版デイヴィッド・ウィームズ英語版と再々婚した[1][2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1912). “BUCCLEUCH” (英語). The Complete Peerage. 1 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. p. 365. http://www.archive.org/stream/completepeerageo02coka#page/364/mode/2up 2011年10月1日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f g PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1905). “SCOTT, DUKE OF BCCLEUCH” (英語). The Scots peerage. 2. Edinburgh: David Douglas. pp. 235-236. http://www.archive.org/stream/scotspeeragefoun02paul#page/234/mode/2up 2011年10月1日閲覧。. 
  3. ^ a b c d PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “BUCCLEUCH.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. p. 147. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/146/mode/2up 2011年10月1日閲覧。. 
  4. ^ a b c PD-icon.svg Douglas, Robert, Sir, bart., ed (1764). “SCOT Duke of BUCCLEUGH” (英語). The peerage of Scotland. Edinburgh: R. Fleming. p. 103. http://www.archive.org/stream/peerageofscotlan00doug#page/102/mode/2up 2011年10月1日閲覧。. 
先代:
ウォルター・スコット
バクルー伯
第2代:1633年 - 1651年
次代:
メアリー・スコット