フランシス・スコット・キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・スコット・キー

フランシス・スコット・キーFrancis Scott Key, 1779年8月1日1843年1月11日)は アメリカ合衆国弁護士であり、アメリカ合衆国の国歌である"The Star-Spangled Banner"(星条旗)歌詞を書いた、アマチュア詩人

生涯[編集]

法律家、アメリカ大陸軍独立戦争時)将校ジョン・ロス・キー(John Ross Key)の息子として、メリーランドに生まれる。セント・ジョンズ・カレッジ (アメリカ合衆国)(St. John's College, Annapolis)を卒業。

米英戦争の折、キーはメリーランドのボルチモア港のマクヘンリー砦攻防戦の最中、イギリス船に拘束された。夜明けに星条旗がまだはためいていたのを見て奮い立ち、合衆国の勝利を祝う詩を書き上げた。なお、フランシス・スコット・キーは、音楽に関して秀でた才能を発揮したことはなく、これ以前に歌詞として作詞をしたこともない[1]

彼の詩『マクヘンリー砦の守り』(The Defence of Fort M'Henry)は後にイギリス人作曲家ジョン・スタフォード・スミスによって作曲された『天国のアナクレオンへ』(Anacreon in Heaven)の歌詞として添えられた。当時は、単に『星条旗』(The Star-Spangled Banner)という歌として知られただけである。1931年にアメリカ合衆国の国歌に採用された。

メリーランド州フレデリックのマウント・オリヴェット墓地(Mount Olivet Cemetery)に眠る。

キーの子孫[編集]

キーの一族にはスコット・フィッツジェラルドがいる。直系の子孫としては1960年代スタイリストとして知られたポーリン・ド・ロスチャイルドPauline de Rothschild)や、雑誌『ヴォーグ』の編集長ダイアナ・ヴリーランドDiana Vreeland)、ギタリストダナ・キーDana Key)がいる。

彼を称え、ワシントンD.C.とボルチモア港の外側に、それぞれ、フランシス・スコット・キー橋という名の橋がある。

出典[編集]

  1. ^ “米国歌の作詞者は音痴の可能性、歴史家が新著で「新説」”. ロイター (ロイター通信社). (2014年7月4日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0F908W20140704 2014年7月5日閲覧。 

外部リンク[編集]