フランシスコ・レオン・デ・ラ・バーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・レオン・デ・ラ・バーラ
Francisco León de la Barra
Francisco León.jpg

メキシコ
37代大統領
任期 1911年5月26日1911年11月6日

出生 1863年6月16日
ケレタロ州
死去 1939年9月23日
フランス、ビアリッツ

フランシスコ・レオン・デ・ラ・バーラ(Francisco León de la Barra, 1863年6月16日 - 1939年9月23日)は、メキシコ政治家外交官。1911年5月26日から11月6日まで臨時大統領を務めた。

彼はメキシコ中央部のケレタロ州で生まれた。国立大学で法律の学位を得、1891年には連邦議員として政界入りした。1896年にはいくつかの南アメリカの国家の使節としてベルギーオランダおよびアメリカ合衆国を訪問した。この期間に彼は国際法についての権威としての評判を得た。1911年に彼は外務大臣に任命されたが直後にポルフィリオ・ディアス大統領が辞職、大統領選挙の実施までレオン・デ・ラ・バーラは臨時大統領に就任した。

1911年11月6日にフランシスコ・マデロが大統領に選出され、レオン・デ・ラ・バーラは辞職した。彼は1913年に外務大臣を務めた後1914年にメヒコ州の知事に選ばれたが、ヨーロッパの国際法廷での仕事を続けるためにすぐに辞職した。彼はハーグの国際法廷の裁判長として、第一次世界大戦後に様々な国際会議に参加した。彼は1939年にフランスのビアリッツで死去した。

先代:
ポルフィリオ・ディアス
メキシコ合衆国大統領
1911
次代:
フランシスコ・マデロ