フョードル・ソログープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソログープ、1913年

フョードル・ソログープФёдор Сологуб, 1863年2月17日 ペテルブルク - 1927年12月7日 レニングラード)はロシア象徴主義詩人小説家戯曲家随筆家。本名はフョードル・クジミチ・テテルニコフ(Фёдор Кузьмич Тетерников)。

作品[編集]

ソログープは、世紀末の文学や哲学に特徴的な、陰気で悲観主義的な要素をロシアの散文に取り入れた最初の作家であり、しばしばを主要な題材に選んでいる。

最も有名な小説『小悪魔』は、ロシアで「ポシュロスチ(пошлость = ラテン文字転写でposhlost')」として知られる(邪悪さと凡俗さの中間の、野卑な人間像を指す)概念を活写しようとする試みであった。1902年に連載小説として発表され、1907年に定本が出版されると、たちまちベストセラー入りを果たし、作者の存命中に10版を重ねた。内容は、人間性にまるでとりえのない田舎教師ペレドノフの物語である。この作品は、ロシア社会についての辛辣な告発として受け入れられたが、豊かな形而上学小説であり、またロシア象徴主義運動が生んだ主要な散文作品の一つである。

次なる大作『創造される伝説』(1914年)は、「血の涙」「女王オルトルーダ」「煙と灰」の三部からなる長編小説であり、同じような多くの登場人物が出てくるが、むしろ楽天的で希望に満ちた世界観を示している。

ソログープは代表作が小説でありながらも、研究者や文学者仲間からは詩人として最も敬意を払われてきた。象徴主義の詩人ヴァレリー・ブリューソフはソログープの詩の簡潔さを称賛して、プーシキン並みに完璧な形式を有していると評した。 他の多くの同時代の作家が新たな文学や、自分たちを代弁する美学的なペルソナを創り出すことを誇った中で、ソログープは(自らたびたび記したように)、仮面の下を瞥見することと――そして内なる真実を探究する機会であると――喝破した。

主要作品一覧[編集]

長編小説[編集]

  • 悪夢
  • 小悪魔
  • 創造される伝説

短編小説[編集]

  • 光と影
  • 小羊
  • 白い母
  • かくれんぼ

戯曲[編集]

  • 死の勝利

外部リンク[編集]